ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき




次項有素敵なスポンサーサイト様バッド(下向き矢印)

  ■趣味ブログが月に100万円稼いでくれるようになる画期的方法 ■

フラガールの地元でフラガール鑑賞

フラガール

hulagirl_a.jpg

YU『ずっと見たかったフラガール。
絶対借りてこようって思ってたけどなかなかTSUTAYAいけなかったからホント良かったねわーい(嬉しい顔)
MI『そうだよね。まさか学校ビルで『フラガール』見せてくれるとは思わなかったよねるんるん』 
YU『ホントビックリだよね。やっぱり、フラガールの地元だからかな黒ハート
MI『んーどうだろう。内容も良いし、そうなのかもしれないよ』 
YU『うちらの学校はレンタルだったみたいだよね』
MI『そうそう、そう言ってたね。ひらめき
でも塾の友達が言ってたけどフラガールの舞台のスパリゾートハワイアンズ(当時常磐ハワイアンセンター)のある湯本地区では学校でフラガールのDVD買ったんだってよ。』 
YU『さすが地元。何度も見れるよね』
MI『うちらの学校も買えば良いのに。何度も見たいよね』 
YU『うん。そうだね。すごく面白かったね。しかも感動ぴかぴか(新しい)
MI『ただ、やっぱり最初のほうはほんとにすごいなまりだったね。うちらだって通じないような言葉。』 
YU『ホントだよね。あんなになまってないってたらーっ(汗)
まぁ昔ってことなのかもしれないけど、いわきがみんなそうだと思われたらかなり引くねあせあせ(飛び散る汗)
MI『だよねもうやだ〜(悲しい顔)』 
YU『そうそう、うちのクラスの人エキストラで出たんだよ。みんなで見たときもかなり盛り上がった。すごい目立ってたしさ、すごくねぇ?』
MI『ほんとに?誰々?』
YU『ここには誰か書けないけど、フラガールの舞台を見てる観客の中にいたんだよね。』
MI『確かにフラガールのエキストラ募集あったんだよね。』
YU『地元映画だからたいしたこと無いと思ってたけど、行けばよかったね。うちらもスクリーンデビューできたかもぴかぴか(新しい)
MI『言い方大げさだけどねあせあせ(飛び散る汗)
YU『とにかくうちらの地元感たっぷりのいい映画なので、是非見てくださいexclamation×2
MI『中学校で時間使って見せたから、地元の中学も推奨?かな』
MI&YU『なんてったって、日本のハワイですからexclamation×2
とにかくよろしくですexclamation×2

ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき

banner_03.gif  にほんブログ村 映画ブログへ   box-3.gif



いい気分(温泉)ハワイアンズホームページはこちら

リゾートフラガール公式ページはこちら

位置情報ブログ内関連記事位置情報
2006.10.09『フラガール

フラガール@映画生活
<ストーリー>
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。

男たちは、数世代前から炭坑夫として、
女たちも選炭婦として、働いてきた。
今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、
閉山が相次ぎこの危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、
レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」だった。

みなは
「百年も続いたウヂの炭鉱は天皇陛下までご視察にいらしたヤマだぞ」
と自慢し、炭鉱を閉じて“ハワイ”を作る話に大反対。

そんな中、娘たちにフラダンスを仕込むために、
ハワイアンセンターの吉本部長は東京から平山まどか先生を招く。
本場ハワイでフラダンスを習い、SKD(松竹歌劇団)で
踊っていたダンサーだ。

最初は田舎町を軽蔑し、ど素人の娘たちに踊りを教える意欲も
ないまどか先生だったが、紀美子たちの熱心さに
次第に真剣になっていく。
しかし、世間の風当たりは依然強く、さらに予期せぬ出来事が起こり・・・。
果たして常夏の楽園は誕生するのか?
無事に笑顔でオープンの日は迎えられるのか?

「フラガール」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
posted by MI&YU at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(7) | 最近見た日本映画
この記事へのコメント
こんにちは〜!
仲良し姉妹で楽しく映画鑑賞されてるようでホント微笑ましいわ〜
『フラガール』このあいだテレビで放送されてましたね。
今思うと結構しつこい演出だったようにも思うんだけど、私はすっかりノセられて映画見ながらオイオイ泣いてしまいました!
でもラストのフラダンスのシーンは、やっぱり大迫力でしたね〜
Posted by nike at 2007年10月08日 20:57
nikeさん
コメントありがとうございました。

確かにしつこいといえばしつこいかも(笑)
でも、感動的だったのでOKかな。

地元ということでフラも実際にハワイアンズでも見たことがありますがやっぱり迫力ありますよ。
テレビでもあれそのまんまって感じだったから良くできてるなぁと思いました。
Posted by mi at 2007年10月09日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56970366

この記事へのトラックバック

フラガール
Excerpt: 「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人が この作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に 行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。 私の..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-09-30 22:24

フラガール
Excerpt: 泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネ..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-09-30 22:39

映画〜フラガール
Excerpt:   「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2007-10-01 23:31

フラガール
Excerpt: 炭鉱が出てくる映画にはいい映画が多いんです! 以前、めちゃめちゃ好きな作品 「リトルダンサー」の感想を書いたときに、 「フル・モンティ」「遠い空の向こうに」「ブラス」を勝手に 「炭..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-10-04 21:50

映画 「フラガール」を観た
Excerpt: フラガール メモリアルBOXハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る この作品は感動の実話の映画化である。 舞台は: 昭和40年代1965年)、福島県の炭鉱町。 大幅な規..
Weblog: 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
Tracked: 2007-10-07 13:53

フラガール
Excerpt: 昭和40年代初頭に福島県いわき市の町興しとして作られた“常磐ハワイアンセンター”の誕生秘話を映画化した感動コメディ。石炭から石油へとパワーシフトがされる中、いわき市の炭坑も次々と閉山。そこで市民たちは..
Weblog: ALL MY LIFE
Tracked: 2007-10-11 20:45

「フラガール」映画のテレビ放送
Excerpt:  昨日(2008年10月11日(土))、映画「フラガール」をフジテレビ系列(FN
Weblog: カミタク・ブログ
Tracked: 2008-10-12 09:43


オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。