ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき




次項有素敵なスポンサーサイト様バッド(下向き矢印)

  ■趣味ブログが月に100万円稼いでくれるようになる画期的方法 ■

フラガールの地元でフラガール鑑賞

フラガール

hulagirl_a.jpg

YU『ずっと見たかったフラガール。
絶対借りてこようって思ってたけどなかなかTSUTAYAいけなかったからホント良かったねわーい(嬉しい顔)
MI『そうだよね。まさか学校ビルで『フラガール』見せてくれるとは思わなかったよねるんるん』 
YU『ホントビックリだよね。やっぱり、フラガールの地元だからかな黒ハート
MI『んーどうだろう。内容も良いし、そうなのかもしれないよ』 
YU『うちらの学校はレンタルだったみたいだよね』
MI『そうそう、そう言ってたね。ひらめき
でも塾の友達が言ってたけどフラガールの舞台のスパリゾートハワイアンズ(当時常磐ハワイアンセンター)のある湯本地区では学校でフラガールのDVD買ったんだってよ。』 
YU『さすが地元。何度も見れるよね』
MI『うちらの学校も買えば良いのに。何度も見たいよね』 
YU『うん。そうだね。すごく面白かったね。しかも感動ぴかぴか(新しい)
MI『ただ、やっぱり最初のほうはほんとにすごいなまりだったね。うちらだって通じないような言葉。』 
YU『ホントだよね。あんなになまってないってたらーっ(汗)
まぁ昔ってことなのかもしれないけど、いわきがみんなそうだと思われたらかなり引くねあせあせ(飛び散る汗)
MI『だよねもうやだ〜(悲しい顔)』 
YU『そうそう、うちのクラスの人エキストラで出たんだよ。みんなで見たときもかなり盛り上がった。すごい目立ってたしさ、すごくねぇ?』
MI『ほんとに?誰々?』
YU『ここには誰か書けないけど、フラガールの舞台を見てる観客の中にいたんだよね。』
MI『確かにフラガールのエキストラ募集あったんだよね。』
YU『地元映画だからたいしたこと無いと思ってたけど、行けばよかったね。うちらもスクリーンデビューできたかもぴかぴか(新しい)
MI『言い方大げさだけどねあせあせ(飛び散る汗)
YU『とにかくうちらの地元感たっぷりのいい映画なので、是非見てくださいexclamation×2
MI『中学校で時間使って見せたから、地元の中学も推奨?かな』
MI&YU『なんてったって、日本のハワイですからexclamation×2
とにかくよろしくですexclamation×2

ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき

banner_03.gif  にほんブログ村 映画ブログへ   box-3.gif



いい気分(温泉)ハワイアンズホームページはこちら

リゾートフラガール公式ページはこちら

位置情報ブログ内関連記事位置情報
2006.10.09『フラガール

フラガール@映画生活
映画のあらすじはこちら
posted by MI&YU at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(7) | 最近見た日本映画

『明日の記憶』

明日の記憶



YU『テレビTVで何気なく見てた映画だよね。』
MI『うちは見てなかったけれど、YUが教えてくれて見たよるんるん』 
YU『でもあんなに若くて、アルツハイマーになったら家族はきついよね。』
MI『そうだね・・・・』 
YU『おかんが言ってたけど、あれって小説本が原作なんだってね』
MI『そうそう、学校で読んでる人いたよ』
原作はこちら→明日の記憶
YU『結末は同じなのかな?』
MI『どうだろう・・・・』 
YU『今度読んでみたいなぁ』
MI『でも家族のことも分からなくなってしまうって言うのは、かなり切ないね』 
YU『映画見た後も、なんか考えさせられる感じ』
MI『ハッピーエンドではないね。かといって悲しみたっぷりというわけでもないし、なんか不思議なエンディングだと思ったよ』 
YU『ほんとそうだね。でも感動したね』
MI『そうだね。とにかく、健康第一だよなって思いましたひらめき

<ストーリー>
同じものを何度も買ってくる、同僚の名前が出てこない、
通い慣れた道で迷う…。
50歳を迎えた働き盛りのサラリーマン・佐伯(渡辺謙)は、
突如として""若年性アルツハイマー""という病に襲われた。
現実を受け止める余裕もないままに、佐伯の記憶から、
日常がひとつひとつ消えてゆく。
妻の枝実子(樋口可南子)は、そんな夫と共に闘うことを決意。
来るべきときが来るまで、妻であり、家族であり続けようと
するのだが…。
荻原浩の小説を軸に、""若年性アルツハイマー""に冒された
サラリーマンとその妻の葛藤を描く、感動の人間ドラマ。


ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき

banner_03.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 

共感いただけたらポチッと押してくださいね。
とっても励みになります!!


学生さんにはこちらもおすすめ!!
box-3.gif
posted by MI&YU at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(2) | 最近見た日本映画

『妖怪大戦争』☆ツタヤ映画DVD日記

『妖怪大戦争〜ある夏の冒険記〜』

  妖怪大戦争〜ある夏の冒険記〜

MI『これは借りようと思っていた時TVでやったね』
YU『うん。ちょうど良かったね』
MI『日本の映画はあまり借りないしあんまり見ないから
  珍しいよね』
YU『そうだね。でもすごいキャストだったよね』
MI『99ナイナイの岡村が良かったなぁ』
YU『うちらは知らないたらーっ(汗)っていう人も多かったけど
  だいぶ有名な人出てたみたいだよね』
MI『どれが誰か考えてみるのも面白いかもるんるん
YU『途中、無理ある?部分あったけど気にしないで
  見れば面白いね』
MI『でも気になっちゃうと違った面白いになっちゃうねダッシュ(走り出すさま)
  まぁとにかく笑える映画だったね』


<ストーリー>
稲生タダシは小学五年生。
両親の別居で、東京からママのふるさとの鳥取に
引っ越してきた。
でも、都会育ちのタダシはいなかの暮らしに馴染めず、
学校ではいじめられっ子だ。
夏休みが近づいたある日、近所の神社で「麒麟獅子」の
祭りが開かれた。
その祭りで、タダシは子供たちの憧れの英雄
「麒麟送子」に選ばれてしまった!
その日を境に、タダシは「妖怪を見ることができる」
という不思議な能力を身につけていく。
そして、妖怪たちを苦しめる魔人・加藤保憲と戦うことに!


ひらめき2人仲良く作ってるブログですひらめき

banner_03.gif  にほんブログ村 映画ブログへ 

共感いただけたらポチッと押してくださいね。
とっても励みになります!!






posted by MI&YU at 00:17 | Comment(1) | TrackBack(2) | 最近見た日本映画


オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。